工業材料の広告掲載料金とは?特徴や利用のメリットも調査

工業材料の広告掲載料金とは?特徴や利用のメリットも調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

工業材料は分野を限定せずに、実用化されている先進材料や今後の成果が期待されている萌芽材料の開発・改質動向を探り、材料の可能性にフォーカスしている専門誌です。また材料の実用化に欠かせない成型・加工技術、製品化技術もウォッチ。ここでは工業材料の特徴や掲載費用、利用するメリットについてまとめています。

日刊工業新聞キャプチャ画像
引用元:日刊工業新聞公式サイト(https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0006)

工業材料の特徴

工業材料は分野を限定せずに、実用化されている先進材料や今後の成果への希望が見出されている萌芽材料の開発や改質動向を調べ、材料の可能性にフォーカスしている専門誌です。

また材料の実用化に欠かせない成型・加工技術、製品化技術もウォッチ。研究者や製品開発担当者の、実務に役立つ情報を届けているのが特徴だと言えます。

特集+連載で多角的に捉えた誌面

工業材料の連載ページでは、材料・加工技術の最新動向、材料研究をサポートする分析機器、試験機などの情報、研究プロジェクトの成果、ベンチャー企業による材料技術開発など広範囲にわたって取り上げています。

また特集ページにおいては、注目を集めている先進材料や萌芽材料の研究開発、製品化技術、応用展開にスポットを当てて、動向や課題、ユーザーニーズの視点で情報発信をしているようです。

読者の60%以上が研究者・製品開発を担当

工業材料の読者は60%以上が、材料関係の研究者もしくは製品開発担当者です。

<職種>
研究開発・・・50%
生産管理、技術・・・16%
機会、材料、設計・・・11%

また分野別に読者層を整理すると、多岐に渡っていることが分かっています。ゴム・機械・プラスチック加工、石油・化学、産業用電子機器、自動車輸送車両、一般産業機械・精密機械など、ほかにもさまざまな分野の担当者から評価を得ているようです。

参考元:工業材料

工業材料の広告掲載費用

日刊工業新聞キャプチャ画像
公式サイトでは掲載費用を紹介しているので、予算と照らし合わせてみましょう。

場所 カラー 3色 2色
表紙1 556,600円(税込)
表紙2 448,800円(税込) 299,200円(税込) 243,100円(税込)
表紙3 336,600円(税込) 224,400円(税込) 181,500円(税込)

参考元:工業材料

工業材料の口コミ・評判

工業材料に関する口コミや評判については、記載が見つかりませんでした。ただし発行部数28,000部を突破している点から、需要のある媒体だと推測できるでしょう。

また、読者の50%以上が部長や課長、係長などの企業の中での地位が高い人なので、企業の核を担う人にダイレクトに自社の製品やサービスを紹介できるでしょう。

部長、係長・・・25%
課長・・・18%
係長、主任・・・14%

特に、関東・中部・近畿を中心に購読されているので、いずれかの地域で事業を展開したいとお考えの企業様は広告掲載を検討されてみてはいかがでしょうか。

参考元:工業材料

工業材料に広告掲載するメリット

工業材料で広告を打てば、工業材料の研究者・製品開発担当者に向けてダイレクトに訴求できます。また専門性の高い媒体なので、掲載すれば自社ブランディングにも繋がるでしょう。

「広告出稿のご案内」ページには、次回号の目次が提示されています。誌面と親和性の高い原稿を作成することで、読者に刺さる広告掲載ができるはずです。

工業材料の広告掲載までの流れ

日刊工業新聞キャプチャ画像
公式サイトでは、「広告出稿のご案内」ぺージが設けられています。

こちらのページでは、

  • 予定目次
  • 広告締切日
  • 掲載費用
  • 申込書

が記載されています。

広告締切日を確認して、スケジュールを立てると良いでしょう。また一般的にお申込み後は、担当者と原稿の打ち合わせ行い、修正してから掲載開始となります。
参考元:工業材料

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

日刊工業新聞キャプチャ画像
工業材料への広告掲載は、ユーザーへの認知度を上げるのに効果的です。ただし情報検索心理で考えると「製品としての質は本当に良いのか」「ほかにも適しているサービスはないか」など他社と比較される可能性もあるでしょう。

そんな情報検索に合わせて、

  • ほか製造業に特化したポータルサイトでも露出
  • グーグルマイビジネスでユーザーと交流
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

など適宜、Webマーケティングを取り入れてみてください。各媒体に適したに集客戦略を立てて、業績に好影響を与えられるように働きかけましょう。

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ