コンテンツマーケティングの制作でおさえておきたいポイントを解説!

コンテンツマーケティングの制作でおさえておきたいポイントを解説!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

業種やジャンルを問わず企業の集客施策においては、コンテンツマーケティングの必要性が高まっています。コンテンツマーケティングとはその名の通り、様々な価値を付与した「コンテンツ」を通じてユーザーに有意義な情報を提供し、リード獲得から購買へと結びつけるマーケティング施策です。

コンテンツマーケティングは各種ソーシャルメディアとの相性がよく、実践しやすい・顧客ロイヤリティが高まる・コンテンツ自体を資産価値として蓄積できるなど、多くのメリットがあります。

一方、コンテンツマーケティングは闇雲に行っては高い成果を期待できません。ポイントをしっかりおさえた上で、計画性のある実施が必要です。また、制作するコンテンツにも多くの種類があるため、自社の強みを活かせるコンテンツを選んで制作・発信しなければ、効用を最大にすることはできません。

このページでは、コンテンツマーケティングを行うときのポイントや種類について紹介していますので、企業経営者やマーケティング担当者の方は参考にしてください。

コンテンツ制作のポイント

コンテンツマーケティングのための「コンテンツ」をつくる際に、どんな点を意識し注意すればいいでしょうか。ここでは、コンテンツ制作のポイントについて解説しています。

パソコン画面に表示されているにコンテンツ

ユーザーニーズを徹底リサーチ

コンテンツ制作を開始する前に、まずはユーザーのニーズを徹底リサーチしましょう。ユーザーニーズを確認したうえでの実施は、コンテンツマーケティングの基本のまた基本です。というのも、コンテンツマーケティングは発信者 (企業側) の主観により一方的に情報発信しても意味が無く、ユーザーニーズに合致するコンテンツを制作・発信することによって、マーケティング効果を高められるからです。

自社の商品・サービスのターゲットとなるユーザーは今どんなことを考えているのでしょうか?あるいはどのような悩みや問題を抱えているでしょうか?そういったユーザーの関心事や需要のある話題を徹底的に調べ上げ、それに基づいてユーザー目線のコンテンツを制作し発信することで、質の高いコンテンツマーケティングを実践できるようになります。

ターゲットユーザー(見込み客)を明確にする

コンテンツマーケティングは、コンテンツの発信者と受信者が上手く噛み合うことによって、高い効果を挙げられます。発信者はもちろん自社(企業側)ですが、受信者は誰でしょうか?

コンテンツマーケティングで情報を届ける相手のイメージをはっきりにすればするほど、成果に繋がりやすくなります。なぜかというと、集客したいターゲット層(見込み客)、つまりコンテンツを届けたい相手を明確にしておくことで、そのターゲットに合う適切なコンテンツやマーケティング手法を選択できるようになります。

ターゲットを明確する手法として、いわゆる「ペルソナ」の作成が一般的です。上記のユーザーニーズに加えて、年齢・職業・家族構成などを含めた、自社にピッタリの顧客像を作り上げることで、コンテンツの内容や口調が定めやすくなります。

ターゲット選定のイメージ画像

コンテンツは量より「質」を重視する

記事であれ動画であれSNSであれ、コンテンツを制作するときは、量より「質」を重視したほうがいいでしょう。質の高いコンテンツでなければ、検索結果の上位に表示させられないからです。

Googleなどの検索エンジンではサイトの検索順位を決める仕組みとして、量ではなく「質」を評価しています。コンテンツの質を評価するアルゴリズムの細かな仕組みは公開されていませんが、検索結果ページでの上位表示への最短の道は、優れたコンテンツの作成・配信です。

つまり、単に文章量の多いウェブサイトより、文章量は少なめでも質の高いウェブサイトの方が検索エンジンに高く評価され、上位表示されやすいということです。

もちろん量を意識することが悪いわけではありませんが、量には質が伴っていなければならないこと、そうでなければ検索上位を獲るのが難しいことをしっかりと把握しておきましょう。

SEO対策を意識する

記事やプレスリリースといったテキストを使用したコンテンツを制作する際は、SEO対策も意識するようにしましょう。SEO対策とは、検索結果で自社サイトを上位表示させるための対策です。集客に繋がるキーワードを選んで設定し、適切な方法で対策キーワードを仕込んだバランスのいいテキストを作成します。

SEOのイメージ画像

SEO対策を施すことで、ウェブ上での自社サイトの露出が多くなり、より多くのユーザーに自社の存在に気づいてもらえます。もちろんアクセス数の上昇にも効果的です。

ただし、中途半端な予測に基づいて対策を行っても意味はありません。キーワード選択では、見込み客が情報収集に使用すると思われるキーワードについて徹底的に調査し、その調査結果に基づいてコンテンツを制作するようにしましょう。

入念な準備をする

「備えあれば憂いなし」という有名なことわざがは、コンテンツ制作にも適用できます。潜在顧客のニーズについて情報取集したり、標的市場の分析やデータ収集を行なうなどして、コンテンツ制作にかかわる人件費や運営費などのコストを計算することが重要です。施策を行う前に、あらゆる面で用意周到な準備を行っておくことが大事なのです。

入念な準備を行うことで、コンテンツ制作をスムーズに進めることができ、最短ルートで費用も最小限に抑えつつ、望むような成果を得やすくなります。コンテンツマーケティングで成果を得るまでの期間は内容によって差がありますが、少なくとも数ヶ月、長い場合は12~24ヶ月かかることもあります。長期戦を戦い抜くための戦略をしっかりと立て、制作をスムーズに進めていくための準備を必ず行いましょう。

デメリットも心得ておく

コンテンツマーケティングには多くのメリットが期待できますが、それと同時にデメリットがあることも心得ておくべきです。特に留意しておきたいのは「時間」の問題です。

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを継続的に制作・発信すればさらに効果は高まりますが、そもそもコンテンツの制作や成果が出るまでに時間がかかります。前項でも紹介したとおり、少なくとも数ヶ月、長い場合は12~24ヶ月以上を要することもあります。

このように、コンテンツ制作と成果を出すまでに時間がかかるというのが最大のデメリットです。デメリットをクリアするためには、コンテンツマーケティングの戦略と目標を明確に設定し、コンテンツ制作を含めた各種施策を継続的に実施するための社内体制を整える必要があります。

カレンダーの写真

コンテンツマーケティングの種類

具体的にどのようなコンテンツマーケティングの種類があるのか、デジタル・Web系を中心に施策を紹介していきます。各施策の概要と特徴、制作のコツやポイントを解説していますので参考にしてください。

記事(テキスト)

コンテンツマーケティング手法として最も一般的なのは、記事の掲載です。ブログ、インタビュー、まとめ、ハウツー、コラムなどWeb記事の種類は多岐にわたります。自社サイトやオウンドメディアに各種の記事を連載の形で掲載し、多くの読者を獲得したのち、自社のファンへと育成し、他のコンテンツや商品・サービスの購買へと誘導します。

記事によるコンテンツマーケティングのメリットは、誰でも簡単にはじめられることです。記事を掲載できるメディア、記事内容のネタ、記事を書けるライターが揃っていれば、特別な準備も必要なく、今日からでも運用を開始できます。

記事コンテンツ制作のポイントは、ターゲット顧客に価値のある情報を盛り込むことです。読みやすい記事を書くとことはもちろん大事ですが、それ以上にターゲット顧客の琴線にふれ、価値観を刺激し、消費行動を促せるような説得力ある記事作成を行わなければなりません。SEO対策を施した記事を作成できれば、より高い確率でリード獲得につながるでしょう。

メルマガのイメージ画像

動画

スマートフォンの普及に伴い、近年最も注目されているコンテンツマーケティング手法の一つが「動画マーケティング」です。YouTubeに代表される動画投稿サイトに自社公式のチャンネルを開設し、自社の紹介をはじめ、商品・サービスに関連した様々な情報を盛り込んだ番組を継続的に配信していくことで、幅広いターゲットにアプローチできます。

動画コンテンツのメリットは、テキストや画像だけでは伝えきれない詳細な情報を伝えられることです。「百聞は一見にしかず」と言われるとおり、動画はテキスト以上に視聴者に与えるインパクトが大きいという特徴があります。そのため感情に訴えやすく、かつテキストとは比べものにならない圧倒的な情報量をもってユーザーへアプローチできます。以前の動画広告の代表は家のテレビで見るTVCMでした。スマートフォンの普及により多くのユーザが移動中でも動画が見れるようになり、主にSNS上の動画広告の需要が高まっています。

動画マーケティングのポイントは、自社の目的とターゲットにあうコンテンツを制作することです。ターゲットユーザーの年齢や性別、関心事、話題、課題、地域などを詳細に設定し、かつ表現力豊かで印象深い内容の動画を制作しましょう。インパクトに欠ける内容だと最後まで視聴されることもなく、早々に飽きられる可能性もあるので注意が必要です。

メルマガのイメージ画像

メルマガ

メルマガによるコンテンツマーケティングは、見込顧客育成の一環として行われる施策です。自社のWebサイト会員や顧客リストに向けて情報価値の高いメールを定期的に一斉配信し、プッシュ型でのアプローチを試みます。既に獲得したリードに向けて直接的なアプローチができるのがメルマガマーケティングの特徴です。

メリットは、記事コンテンツと同様に導入が簡単なこと。メルマガは自社に都合のいい任意のタイミングで配信でき、なおかつコストをかけることなく低リスクで運用を開始できます。

コンテンツ制作のポイントは、メールの内容を読み手にとって魅力的で価値あるものにすることです。新製品・新サービスの案内、イベント・セミナー開催の情報、新着ホワイトペーパー、ユーザー事例の紹介など配信可能なコンテンツの種類は多岐にわたりますが、内容は常にユーザーの興味に合わせたものにしなければなりません。

メールを最後まで読んでもらうためには、できるだけ宣伝色を抑え、ユーザーにとって役に立つ情報の提供に徹することも大切です。むしろ、文章を読まなくても一目で内容が分かるような「見た目」を整えられなければ、見込み客育成効果はさらに高まるでしょう。

メルマガのイメージ画像

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは元々、政府や公的機関が発行する「白書」を意味していますが、マーケティングの世界では、企業が提供する技術やノウハウ、調査に関する報告書を指しています。このホワイトペーパーも、コンテンツマーケティング手法の一つとして有効です。

長年の事業活動を通じて得た企業のノウハウやデータなど、ユーザーにとって有益な価値をもつ情報をホワイトペーパーとして提供することができれば、ユーザーは製品やサービスの購入を検討するための重要な資料が得られます。報告書を通じて興味や関心を高め、購買行動を促せます。また、ホワイトペーパーを出すことで、自社を高度のノウハウを持っている企業として位置付けることが可能です。

ホワイトペーパーの制作のポイントは、施策の目標やターゲットを明確にし、それに合う内容を設定し、読み手にとって見やすく分かりやすい構成・デザインに仕上げることです。一方的にうんちくを語るより、ターゲット顧客の立場になって内容を制作する必要があります。

メルマガのイメージ画像

プレスリリース

プレスリリースは、企業が自社に関連した話題性のあるニュースや情報をメディアを通じて発信することです。新製品やサービスの発表、採用情報、研究成果、その他自社の活動など内容はさまざまですが、とにかく情報価値の高いニュースを、自社メディアやSNSへの掲載を通じて公式に発信します。

プレスリリースによるマーケティングのメリットは、話題性の高いニュースであればあるほど、リードに対して効果的なPRができることです。自社メディアに加えて、有名なWebメディアなどに掲載してもらえればその効果はさらに高まり、自社の特徴やストーリーを広く伝えながら、プレゼンスを高められます。

プレスリリース作成のポイントは、新聞記事のように整えられた体裁を意識しながら、かつ読者を飽きさせない内容と構成にすることです。重要な発表については、いつ・どこで・誰が・なにを・なぜ・どのように、といったフレームワークを明確に記載し、見やすさと分かりやすさに加えて、レトリックを活用した印象に残る文章作成を心がけましょう。

メルマガのイメージ画像

SNS

Facebook、Twitter、LINEといったSNS(会員制交流サイト)は、幅広い世代に普及しており、誰でも利用しやすいツールであるため、マーケティング施策との相性もばっちりです。

SNSを通じて質の高いコンテンツを提供できれば、コンテンツはすぐにユーザーによってシェアされ、企業が自力で宣伝するまでもなく、ユーザーによってどんどん拡散されていきます。企業主体ではなくユーザー主体のマーケティングが実現するのです。またSNSマーケティングは、購買行動への直接的なプッシュと、ファンを増やし顧客へと育成する目的の両方で活用できるのも利点です。

SNSマーケティング施策のポイントは、マーケティングの目的とターゲットを明確にすること、また目的を達成しやすいツールを慎重に選ぶことです。発信するコンテンツも使用するSNSツールも、目的とターゲットに見合ったものを選ぶ必要があります。

メルマガのイメージ画像

伝えるべき自社の強みを明確に

コンテンツマーケティングを成功に導くポイントは、コンテンツの量ではなく「質」にこだわることです。その「質」というのは、マーケティング施策の目的とターゲットのニーズに見合う内容です。コンテンツマーケティングを実施する際は、ユーザーに向けて「自社のどんな強みを伝えたいのか」という観点を意識しながら制作・発信を行いましょう。

見込み顧客に刺さるコンテンツを制作するためには、自社のバリュープロポジションを明確することが大切です。バリュープロポジションとは、競合他社が提供していない、自社ならではの強みや価値を示すことです。ユーザーから「この会社でなければ得られない」と選択的に選んでもらえる、すなわち「ユーザーが自社の製品やサービスを選ぶ理由」がバリュープロポジションです。

バリュープロポジションの解説画像

盤石なバリュープロポジションがあれば、コンテンツマーケティングでもしっかりした軸を持って安定した施策を実施できるようになり、他社との差別化も容易になります。自社の存在価値を世に示すためのブランディングも行いやすくなるでしょう。

自社の強みにあわせたコンテンツ制作やマーケティング戦略を実施したいと思われる場合は、ぜひキャククルの運用元である全研本社へお問合せください。120以上の業界で集客実績をあげてきた経験をもとに、最適なマーケティング施策を提案いたします。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ