動画のコンテンツマーケティングで集客UPのポイント

動画のコンテンツマーケティングで集客UPのポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

動画を用いたコンテンツマーケティングとは

動画を用いた集客、マーケティングは特別変わった手法ではなく定番化しているコンテンツです。本記事、動画を活用したコンテンツマーケティングのポイントでは、動画を活用することでどんな効果が期待できるのか、なぜここまで動画が定着しているのか、など解説していきます。

動画コンテンツで認知・集客

テキストコンテンツ+写真などの静止画のみで自社ブランディングをはかっていたものが、動画コンテンツをつくることで、より明確にイメージを伝えやすくなりました。テレビCMと違って時間の制限がないことも、イメージ戦略用のコンテンツとして最適です。

ここ数年で動画を視聴する文化が根付いてきたため、ファーストアプローチとしては、イメージの伝わりやすい動画コンテンツが認知・集客に役に立つと考えられます。自社ブランディングにも、映像を使った媒体のほうが良い印象で伝わりやすいといえるでしょう。

制作する動画は例えば、企業としての事業紹介やイメージ動画、売り込みたい商品やサービスの紹介に特化したコンセプト動画、対談・インタビュー形式によるサービス利用者を巻き込んだ動画などがあげられます。

動画はコンテンツ全体の印象でユーザーに訴えかけます。最初のイメージが良くなければ、その後の話を聞こうと思わないのと同じで、商品やサービスへのアクセスを増やすためにもクオリティにこだわった動画を作成しましょう。ブランディングをするにも、動画のクオリティしだいで大きく変わってきますので決して妥協できません。

一般的に視聴しやすいのは10分以内の動画です。YouTubeの平均視聴時間はだいたい5分、見る側にとって丁度いい時間配分の動画構成にするのも、見てもらうためのポイントになります。イメージ戦略であえて10分以上にする場合もあるので、状況により適切な時間を設計していきます。

動画コンテンツで成約率・購買率向上


成約率をあげるためには、その製品やサービスの魅力を多角的に伝える動画をつくりましょう。静止画ではなく動画であれば商品の立体感や、実演による使用感を伝えることができます。

動画媒体のメリットとして、少ない時間の中でも込められる情報が多くすることができます。テキストを読んで頭の中で変換することがなく、感覚的・直観的に商品の理解が深まります。テキストや画像では伝えきれない、伝えるのが難しいことを動画で補いましょう。

商品説明や活用方法も兼ねた、チュートリアル動画はここでも役に立ちます。本来は商品の満足度をあげるためのアフターフォローとして、使い方の動画を作成するのですが、その動画はそのまま実演紹介にもなります。

動画コンテンツによる成約率や購買率のポイントは、その商品・サービスの見せ方です。

動画コンテンツで顧客満足度をあげる

チュートリアル動画の本来の目的は、購入後の満足度向上のために作ります。このような動画は初心者向けだけではなく、中級者や上級者向けの応用編コンテンツも充実させることも必要です。

例えばですが、商品に関していえば同梱されている説明書に目を通すのは、よほど困った時ではないでしょうか。これが動画になるだけで見やすくなり、商品の仕組みを購入後も十分に知ることで、ますます商品が好きになり、買って良かったと満足度向上に繋がります。

加えてトラブルへの対処法など、可能な限り想定できる事柄を動画として作ることができればできれば、より満足度は高まるでしょう。
その他にはサービスにもよりますが、購入者特典として制作者の「商品誕生秘話」など、利用者にしか体験できないサービスをつくることも可能です。

動画広告の市場規模は今後も右肩上がり


■引用元:サイバーエージェントプレスリリース「サイバーエージェント、2018年国内動画広告の市場調査を実施」
動画を素材としたWeb上の広告が動画広告です。動画市場がこれからも右肩上がりになっていくことが、上記グラフにも表れています。

この調査でも紹介されているのが、動画市場の見通しです。こちらのグラフにもあるように、「スマートフォン×動画」という組み合わせが定番になっていきます。

なぜなら5G導入や通信技術がさらに進化し、好きなときに、好きなだけ動画を視聴できる環境が整います。その状況が当たり前になってから導入していては、完全に出遅れてしまいます。
この記事を読んでいる時点で動画コンテンツ制作をするかしないか悩んでいるのであれば、いまのうちに取り組まれることをおすすめします。

YouTube動画をコンテンツに活かす


動画コンテンツの代表的なものといえばYouTubeです。YouTubeが外せない理由はシンプルに利用者数の多さです。全世界で19億人を超え、日本国内でも6200万人を超えています。

利用者数と年齢層の幅が広いYouTubeの動画広告は反響も高く、しかもマス広告に比べると安価に制作できるので中小企業向きともいえます。一度つくったコンテンツはストック型のコンテンツとなり、削除しない限り残り続けます。

それと、Googleアナリティクスと同じくYouTubeにもYouTubeアナリティクスというものが存在し、動画のパフォーマンスを計測し、データとして提示してくれます。分析結果をうけてPDCAサイクルをまわしていきましょう。

訴求したいサービスやリンクを貼ることで次の行動も促進できるので、商品の購入など次のアクションへの誘導も自然に行えるのも特徴です。

SNSと親和性の高い動画コンテンツ

SNSで動画をシェアすることが定着しつつあります。何かを紹介したり、共有したりするのに、テキストだと説明が必要ですが、動画であれば「これを見て」で終わります。

SNSの拡散力と動画コンテンツは非常に親和性が高いといえます。拡散し共有するためのポイントとしてはその動画のストーリー性です。限られた時間の中にあるショートストーリーは、素敵であればあるほど自然と拡散され、結果、相当数のユーザーにリーチすることができるでしょう。

SNSはプラットフォームごとに利用する年齢層は違います。動画作成で設定したストーリーのターゲット層と、SNSの利用層にギャップがあっては、せっかくの動画が力を発揮できません。

動画作成で扱ったコンセプトが伝わるSNSを選びましょう。

動画コンテンツマーケティングで集客まで実現する重要なポイント


動画コンテンツは魅力的な反面、当然、クオリティの高い動画をつくるのはハードルが高い作業です。よほど動画制作に精通していない限りは自社で製作せず、外注することが考えられます。

その際に注意しなければいけないのは、依頼側のイメージと納品された動画のイメージが一致しないこともあることがある、ということ。動画ディレクションの難しいところは、かかわっている多くの人間の「頭の中」や「感性」を想像しながら制作物をつくらなければなりません。

動画の制作会社は一定の工数をかけて修正には応じますが、それにも限界があります。発注側が満足するまでつくりなおすことは不可能。したがってできれば社内にもディレクションできる担当者を置くのが理想です。

動画の出来はディレクター次第で変わる

目的にもよりますが、動画を活用したコンテンツを制作するのであれば、動画とテキストが補完しあいながら、カスタマージャーニーに沿ったディレクションを考えたいものです。要するに、発信したいものを動画にするだけでなく、「ユーザーが見たいと思う動画」を提供したうえで、読み物としても成立している必要があります。

したがってディレクター次第で動画の仕上がりは大きく違ってきます。動画によるプロモーションを展開したことがない、動画制作をしたことがない、という企業様の場合は「ディレクターの良し悪しなんてわからない!」というのが本音でしょう。

そのような場合は、動画制作から動画コンテンツを活かしたメディア制作・運用の実績もある弊社にご相談ください。
これまでの実績を活かし、動画によるプロモーション活動を支援させていただきます。ぜひキャククル内問い合わせフォームにご要望を明記してお送りください。

動画コンテンツマーケティングのご相談はこちら

ページトップへ