コンテンツマーケティングは中小企業と相性がいい

コンテンツマーケティングの流行や、競合他社のマーケティング手法を見て、自社でも取り組まねばと考える会社は増えています。

しかし集客に向けての広告やマーケティングは、お金がかかるイメージを持ち、特に中小企業では取り組むのに躊躇しているかもしれません。

ですが実は、コンテンツマーケティングは中小企業こそやるべき集客手法であり、大手の牙城を崩す一手となりえます。

その理由は

  • 低コストでできること
  • 中小企業が扱う「ニッチな商品」と相性がいいこと

という点が非常に大きいです。

予算抑えながら、自社の商品・サービスを求めている方にアピールができる。
効率の良さ、コストパフォーマンスを考えれば、まさに中小企業こそやるべき価値があるのがコンテンツマーケティングです。

この記事ではもう少しコンテンツマーケティングを深堀り、なぜやるべきか、どういった方法があるのかなどを解説していきます。

コンテンツマーケティングのポイント

コンテンツイメージ

低コストで実施できる

広告宣伝で担当者を悩ませるのは、広告の内容はもちろん、与えられた予算内で最大限の効果を出さなければならない、ということです。
比較的低コストでできるコンテンツマーケティングは着手しやすいのはもちろん、市場の規模感や効果の測定も容易です。

またコンテンツの内容や、情報を出すタイミングなどのコントロールも可能なため、それに伴うコスト調整もしやすくなります。

中小企業が扱う商材・サービスと相性がいい

中小企業の場合、資本力やマンパワーといった数的な力・物量では大手には太刀打ちできません。
そのため商品・サービスを考える際には、ペルソナを絞り込み、細かいニーズに応えていく。いわゆるニッチな商品・サービスになるものです。

そういった商材と相性が良いのは、不特定多数に対するマス広告ではなく、自社の商材に魅力を感じてくれるターゲットに対してピンポイントに情報を提供できる広告手法です。
これがまさにコンテンツマーケティングの手法と合致します。

中小企業においては、やったほうがよいというレベルではなく、コンテンツマーケティングを盤石に固めることがむしろ基本ともいえるぐらいに戦略として重要です。

見込み顧客とコミュニケーションできる場がつくれる

コンテンツマーケティングの軸になるのは、自社で管理・運用するオウンドメディアです。
主にはWebサイトとなりますが、ブログや各種sns、youtubeの動画チャンネルなど、自ら情報発信している場であればオウンドメディアに含まれます。

このオウンドメディアを通じて、ターゲットに有益な情報を継続的に提供することで、情報を見に来てくれる、つまり自社の商材に魅力を感じてくれる可能性の高いユーザー(見込み顧客)との信頼関係を築くことができます。

そして見込み顧客をつかまえ続けることで、いざニーズが生じた際に自社の商品を選んでもらうことができます。

コンテンツマーケティングがもたらす効果

コンテンツイメージ
コンテンツマーケティングの効果としては主に以下があります。

  • サービス、商品の存在を広める
  • ユーザーにとって、自社が問題を解決できる存在であることを認知してもらう
  • 提供しているサービスや商品にしかできないことを際立たせることができる

このような効果から自社のファンを創出できることが、コンテンツマーケティングで生まれる大きな価値となります。
やがてこのファンが、新規顧客、リピーターとなり、場合によっては商品を広めてくれる存在になります。

このように集客や売上アップにも効果をもたらしてくれるコンテンツマーケティングですが、実は「活用しきれていない」と考えている企業が多いのです。

ノウハウを蓄積することで効率的に効果を出せる

コンテンツマーケティングを活用しきれていない、と感じている企業では、ノウハウがうまく蓄積されていないことが多いです。

コンテンツマーケティングに必要なスキル・ノウハウは多岐にわたり、成功要因・失敗要因が掴めずうまく応用ができていないのです。

そのため成功も失敗も分析し、次の施策へと活かすことができるように、マーケティングやseoなどのスキルやノウハウを社内に蓄積できる体制づくりが重要になります。

コンテンツマーケティングに必要なスキル・ノウハウ

サイトの構築・SEOといったWebスキル全般

実際にサイトをつくったり、編集したりできるWeb制作のスキルは必須。
また検索結果で上位に表示させるための、seo対策の基本知識も必要になります。

コンテンツマーケティングは、ただやみくもに記事やコンテンツを更新すればいいものではありません

狙った検索キーワードで上位表示させるためには、どのような構成にするか。
このコンテンツで伝えたいことが伝わるビジュアルや、テキストになっているか。

などを考えた上で、コンテンツを作る必要があります。

さらに広くとらえるのであれば、Webサイトのみならず、snsの運用方法などの知識も情報の拡散や認知向上には欠かせないスキルになります。

分析に基づいた構想力・企画力

どんなに多くのユーザーに見てもらっても、コンテンツ自体に魅力が無ければユーザーの心を動かすことはできません。

魅力的なコンテンツをつくるのは構想力や企画力が必要です。
クリエイティブなイメージから、才能やセンスの話と思われるかもしれませんが少し違います。

コンテンツマーケティングの場合は、徹底したユーザーニーズの分析が大本にあります。
つまり構想や企画の大前提は、ユーザーに求められているもの、でなければいけません。

そのためユーザー分析、競合分析など、マーケティング調査や分析のスキルやノウハウが必要になります。
その上でユーザーにとって価値のあるコンテンツをつくるための、構想力や企画力が求められていくのです。

中小企業のコンテンツマーケティングは外注も検討すべき

コンテンツイメージ
上述の通り、コンテンツマーケティングに必要なスキルは多岐にわたります。

さらにそういったノウハウをもった人材が社内にいない、雇うにもコストがかけられないという問題もつきまとうでしょう。

自社の強みの把握の課題、市場ニーズの把握の課題ともに「ノウハウをもった人材がいない」と悩みをかかえる企業が多く、必要だと思っても専門部署がつくれず別の部門が担っているような現状もあります。

スピード感のある実施が重要

コンテンツマーケティングの効果が出るのには時間が必要です。場合によっては半年程度かかることもあります。他社より先にブランディングを確立させるには、スピード感のある対応が重要になります。

コストをかけたくないし、自社の担当者が本来の業務をこなしつつマーケティングのコンテンツをつくれば大丈夫だろう。外注なんてお金かかるだけ!
…、と思うかもしれませんがお金だけではなく時間に対する費用対効果も忘れてはいけません。

予算をかけない代わりに時間をかけていては、コンテンツマーケティングの効果が出ず、最悪意味のないものになってしまいます。

現状の社内にノウハウがないのであれば、素早く、そして効果を望めるコンテンツマーケティングをするために、早々にプロに相談してみることがおすすめです。

第三者の視点だから気づける強み

客観的なアイデアをもらうことで、自社の強みや課題が見つかる可能性も高く、ノウハウも蓄積されれば、その後は自社のみで行えばコストをかけず、顧客開拓もでき長期的な成果に繋がっていくでしょう。

全研本社にはWebやSEO、マーケティングの構想力を備えたプロがいます。まずは気軽なご相談からコンテンツマーケティングの取り組みをはじめていきましょう!

中小企業の集客・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!