管理部門向けメディア「オフィスのミカタ」の広告掲載料金・評判は?

管理部門向けメディア「オフィスのミカタ」の広告掲載料金・評判は?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オフィスのミカタは、企業の総務人事経理など、管理部に役立つコンテンツを配信しているバックオフィス専門メディア。おもに従業員の働きがい向上に努める総務・人事担当者が閲覧しています。

この記事では、総務・人事支援サービスを提供する企業のPR担当者に向けて、

  • オフィスのミカタに広告を出稿するメリット
  • 広告掲載料金
  • 広告掲載までの流れ

などについて解説します。オフィスのミカタへの広告掲載を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

オフィスのミカタの特徴

オフィスのミカタ公式サイトキャプチャ画像
引用元:オフィスのミカタ公式サイト(https://officenomikata.jp/)

完全無料で利用できるメディア

オフィスのミカタは、従業員の働きやすさ向上のための業務をサポートするバックオフィス専門メディア。

人事や総務など企業を支える担当者に役立つ情報をさまざまな切り口から紹介しており、どれも完全無料で利用できるのが特徴。

バックオフィスに関するアレコレはもちろん、業務に役立つサービスの紹介や各業界のコラムを配信したりと、豊富なコンテンツを展開しています。

業界のトレンドを毎日配信

働き方改革が進み、テレワークへと舵をとる企業も増えてきたことから、その準備として対応に追われている管理部門の担当者も多いのではないでしょうか。

オフィスのミカタでは業界のトレンドを毎日配信しており、変化していく働き方に最適なソリューションやサービスを紹介しています。

また、毎回さまざまなテーマを取り上げる「オフィスのミカタ通信」を定期的に発行しており、働きやすさ向上のための情報を積極的に提供しています。

外注先やパートナー探しのプラットフォームとしても利用できる

オフィスのミカタが独自で作成している「業界相関図」では、総部・人事・経理それぞれのカテゴリ別に、企業の課題解決のためのサービスをわかりやすくマッピングしているのが特徴。

改善ポイントを視覚的に把握することで、自社に必要なサービスやソリューションをすぐに見つけることができます。また、そのような課題改善を請け負ってくれる企業間のマッチングまで包括的にサポートしてくれます。

オフィスのミカタの広告掲載料金

オフィスのミカタへの広告掲載に必要な費用について、公式サイトで確認することはできませんでした。

オフィスのミカタの口コミ・評判

オフィスのミカタに関する口コミ評判は見つかりませんでした。

口コミは見つからかったものの、オフィスのミカタへ掲載している企業は管理ツールを提供する企業や業務効率化のためのソフトを提供する企業など、いずれもバックオフィスを支えるさまざまな企業が参加しています。

オフィスのミカタに広告掲載するメリット

総務・人事・経理業界へ積極的にリーチできる

オフィスのミカタはバックオフィス業界に特化したメディアであることから、ユーザーはもちろん人事や総務などを行う管理部門がほとんどです。

オフィスのミカタ通信は毎号10万社に配信されており、全国の担当者へ自社のサービスを認知してもらう大きなきっかけとなるでしょう。

毎号テーマごとに特集記事を組んでいるため、企業の製品やサービスがピックアップされれば、認知度の向上はもちろん新規顧客を獲得することも期待できます。

オフィスのミカタの広告掲載までの流れ

オフィスのミカタが発行している「オフィスのミカタ通信」では、定期的に取材企業を募集しています。

オフィスのミカタへ広告掲載を行うには、まず担当窓口へ問い合わせを行う必要があります。
また、募集要項には締め切り日や掲載企業数に限りがあるようなので、詳細は公式サイトで確認してみましょう。
※広告掲載について(https://officenomikata.jp/about/)

オフィスのミカタを含め他のWebマーケティング施策も組み合わせて考える

人事・総務・経理の業界トレンドに強いオフィスのミカタは、企業を支えるバックオフィスへ担当者への直接リーチが期待できるメディアです。

オフィスのミカタへの広告掲載は、業務効率化を図る人事・総務系サービスを提供する企業にとって、担当者へ直接アプローチできる絶好の機会となります。

しかし、広告は掲載することが目的ではなく、成約(契約)に繋げることが最終的なゴールです。

ゴールに到達するためには、単一的な広告展開だけでなく、

  • ほかのポータルサイトへの掲載で更なる認知度向上を目指す
  • 自社サイトのSEO対策を行い上位表示を狙う
  • ポジショニングメディアで成約に繋がるユーザーを集める

など、多角的な集客チャネルを駆使しながら、成約の「確度」を上げるWeb施策に取り組むことが大切です。自社の商品・サービスを伝えたい相手(総務)にアプローチできるその他の広告手法について以下の記事でまとめて紹介していますので、こちらもあわせてご一読ください。

ページトップへ