美容室は広告で集客が出やすい業態

美容室は、広告による集客が効果的な業態だとされています。もちろん有名な美容室や美容師はいますが、それはほんのごく一部。そのため、どの美容室にも新たな顧客を獲得するチャンスがあるのです。

何より、生活をしている中で美容室に行かないという人は少数派だと言えるでしょう。顧客は必要に応じて美容室を探しています。そこに広告を通じて見つけてもらうことができれば、新たな顧客獲得は難しいことではないのです。

しかし、美容室の数は飽和状態であり、顧客が選ぶことが難しくなるような数が存在します。そのためただ適当に広告を打つのではなく、戦略が必要となるのです。

美容室の売上に占める広告費の割合

美容室の売上に占める広告費の割合は、6~8%が理想的だとされています。この割合が美容室の運営に負荷なく、一定の効果を見込めるとされているのです。

ただ広告費を増やせば、売上が上がるというわけではありません。そのためこの数値を目安にしながら、必要な広告費を投資できるようにしましょう。

美容室の広告方法

美容室の広告方法は、オンライン・オフライン共にあります。費用対効果や美容室が位置するエリア、周辺の競合、現在の顧客の平均単価などを総合的に判断し、予算内で効果的な広告方法を見極めましょう。

チラシ

比較的安価に挑戦できるのは、チラシを用いた広告です。一見効果が無さそうに思えるかもしれませんが、立派なエリアマーケティングだといえます。

チラシの最も大きな魅力は、美容室側から情報発信をできるプッシュ型のメディアという点。顧客が美容室を探しているタイミングでなかったとしても、情報を届けることができるため、ふとした瞬間に思い出してもらうきっかけにできるかもしれません。ターゲットが明確な場合、試してみやすい方法です。

紹介カード

最も費用を掛けずに行うことができるのは、紹介カードの作成と配布です。店舗で手作りし、来店者に配布することで紹介を期待できます。

顧客の判断に委ねる側面が大きくなってしまうため、効果を予想することが難しいという点があります。初回時に配布されることが多い紹介カードですが、美容師との関係値が未知な状態での紹介は、顧客側のハードルが高いと言えるでしょう。

インフルエンサーのような知名度が高い美容師が在籍しているなどの特徴がなければ、この1点に効果を期待することは難しいため、他の施策と上手く併用していくことが必要となります。

ポータルサイト

広告と聞いてイメージされるものは、ホットペッパービューティーのようなポータルサイトを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に多くの顧客がポータルサイトを活用し、美容室を予約しています。

美容室側にとって、顧客がエリアなどで検索してくれるため、美容室の名前を知らなくとも来店してくれる可能性があり、とても便利です。同様に顧客側も、エリアで絞り込むことができることはもちろん、来店時間帯や価格、プランなどで検索できるため、Googleの検索窓でイチから美容室を探すよりも効率的だということができます。

しかし、他の手法と比較するとやや割高な手法になることに加え、美容室の情報が溢れている今、逆に埋もれてしまう可能性があります。そのため、日々の予約情報を検索時の画面に反映されるよう更新を行ったり、初回向けの特典だけではなく、再来店向けにも特典を用意するなどの工夫が求められます。

ヘアドネーションサイト「ヘアドネージュ」

ヘアドネージュ
ヘアドネージュを見る
このヘアドネーションに特化をしたヘアドネージュは、SDGs(エスディージーズ)と呼ばれるうちの

  • 目標4「すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」
  • 目標17「持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」

への取り組みをしており、ヘアドネージュへ掲載することでこのように、社会貢献をしながら集客が出来ます。
さらに、SDGs(エスディージーズ)に自社も取り組んでいるとアピールもしやすくなります。

SDGs(エスディージーズ)

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

引用元: SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

Googleマイビジネス

美容室の検索条件に、「自宅からどれだけ近いか」という情報を念頭に置いている顧客は少なくありません。そのため、可能な限り場所を表示できる場所に情報を置いておく必要があります。

その最たる手法がGoogleマイビジネスです。Googleの検索窓に「エリア名 美容室」と打ち込むと、地図上にマッピングされた状態で複数の美容室を表示してくれます。これはGoogleが勝手に情報を拾って表示してくれているのではなく、美容室側が自ら情報を登録することで、初めて地図上に表示がされるのです。

地図にマッピングされたピンをクリックすることで、詳細の情報を顧客は入手できます。その情報を元に、別のポータルサイトへ飛んで予約をしたり、画像検索が行われる場合があります。

予約後実際に美容室に足を運ぶ際も、顧客にとってマッピングされた情報は非常に便利です。ただの地図情報と侮らず、きちんと登録しておくことをオススメします。

情報サイト

情報サイト戦略の特徴は、美容室の情報が検索結果の上位に表示される可能性があるということ。ここがポータルサイトと異なるポイントです。

エリア(地域)の情報サイトはその効果が顕著に表れやすく、近くに住んでいる人を顧客として獲得できる可能性が高いWebマーケティング戦略です。

さらに他店との差別化を図りやすく、ターゲットユーザーに選んでもらえる広告手法といえます。

売上に貢献!美容室の集客完全ガイド