美容室はチラシでも集客できる

美容室での新規顧客獲得において、チラシは有効な手段です。美容室には、顧客が「行きたい」と感じるタイミングがあります。髪が伸びてきたとき、髪が増えてきたとき、色が抜けてきたときなど、その理由は様々ですが、美容室側はそのようなタイミングを的確にキャッチすることが重要です。

オンライン施策は顧客が自ら情報を取りに行かなくては、情報を獲得してもらうことができません。しかしチラシのようなオフライン集客は、情報を伝えたい側が顧客に対して情報を伝えることができるpush型の手法なため、うまくタイミングをキャッチできる可能性があるのです。

では、そんなチラシを利用する時にはどのようなことに注意すると良いのでしょうか。

ターゲットを明確に

最も重要な点は、ターゲットを明確にすることです。通常A4サイズの用紙が用いられますが、その中に入れられる情報には限りがあります。必要な情報を判断するためには、ターゲットを明確にすることが必要不可欠です。

性別、年齢、ヘアスタイルの好みなど、ターゲットの絞り方は様々ですが、受け取った相手が「これは私に関係ある情報だ」と思ってもらうことが重要です。

効果的なチラシのデザイン

ターゲットを明確にすると、効果的なチラシなデザインが見えてきます。

例えば美容室周辺の専業主婦を対象にする場合、ヘアスタイルの情報ではなく、「子供と一緒に落ち着ける個室」と言った美容室内部の情報などを盛り込んだデザインが良いかもしれません。お洒落や流行に敏感な人をターゲットにするのであれば、ヘアスタイルを敷き詰めたようなデザインが効果的でしょう。

チラシ全体の色のトーンやキャッチコピーも、ターゲットによって変化します。明確にしたターゲットのペルソナを踏まえて、デザインを作成すると効果的です。

チラシの費用対効果は明確か

ただチラシを投函するだけでは、作成の手間と費用だけが掛かってしまいます。作成した枚数に対して、何人新規顧客を獲得できれば施策として成功なのか、事前にシミュレーションしておく必要があります。

効果を図る際には、初回来店時の動機理由に「チラシ」の項目を付けることで計測できるようにしておいたり、チラシ本体を持ってきてもらうことで枚数を把握するなどの日必要があります。事前にそこまで想定し、チラシ内に盛り込めるようにしましょう。

ポスティング対象エリア

ただチラシをばらまくのではなく、ポスティングエリアの検討も重要です。美容室の平均単価から細かく配布エリアを絞ったり、配布するマンションを選定するなどの作業を行うと、より効果を期待できます。

売上に貢献!美容室の集客完全ガイド