美容室のホットペッパービューティー掲載を考える

美容室のホットペッパービューティー掲載を考える
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

美容室といえばホットペッパービューティー

ホットペッパービューティーを思い浮かべるのは、店舗側はもちろんのこと、お客さん側もそうではないでしょうか。

どこの美容室でも運用していることから、利用しやすい印象があるかもしれませんが、実際はどうなっているかをまとめました。

ホットペッパービューティーの掲載料

ホットペッパービューティーは、実は掲載料金が全ての店舗で同じではありません。エリアや沿線によって、その料金が細かく設定されているのです。

人気エリアもしくは人気の沿線の掲載料金は高くなり、それ以外は低くなるといった構造になっています。さらにリクルート側の直販エリアも決まっており、代理店によっては扱えないエリアも存在します。掲載を検討する際は十分注意しましょう。

プラン

ホットペッパービューティーの掲載プランは、実はこんなにたくさんあります。

  • プラチナ
  • バリュー
  • シンプル
  • ライト
  • NR
  • EPRP

ホットペッパービューティーと聞くと、ポータルサイトを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は今でも紙面配布を行っています。そのため、基本的に紙面への掲載も含まれているプランとなっています。もちろん、紙面無しで契約を行うことも可能です。

上位のプランほど検索結果の上のほうに表示されます。デフォルトの検索結果表示画面はオススメ順となっていますが、このオススメはプランに基づいて決まっているのです。

人気順という表示方法もありますが、デフォルト画面で検索する人がほとんどなことを踏まえると、どちらのプランが良いのかは一目瞭然です。

NRのプランとなると予約機能を搭載しておらず、顧客は画面上から予約を行うことができません。店舗側からしても、本来予約を画面上で完結してほしく行っているサービスでしょうから、メリット・デメリットを踏まえた価格を考慮し、掲載プランを判断する必要があるでしょう。

キャンペーン

掲載において、新規開店の場合や再掲載などの場合に、キャンペーンを行っている場合があります。例えば、一定期間の無料掲載などです。実際の効果が予測できない場合には、このようなキャンペーンをうまく活用することで、先の見通しが立ちやすくなります。

これはリクルートが行っている場合よりも、代理店が行っている場合が多いです。どのような掲載方法を選択するかは店舗側の自由なので、様々な会社を見てみると良いかもしれません。

期間

掲載期間は、こちらから終了とするまで掲載されていくことがほとんどです。そのため、毎月掛かるランニングコストとして、店側ではしっかりと管理をしていく必要があります。

ホットペッパービューティーが高いと感じたら

ホットペッパービューティーの掲載が高いと感じたら、集客方法を見直すタイミングかもしれません。

自身の店舗のWebページに力を入れている場合、そちらからの電話問い合わせの方が多いことはありませんか?また、その他掲載しているポジショニングメディアからの流入が多い…なんてことはありませんか?

その場合、予約の受け入れにホットペッパービューティーは必要ないのかもしれません。いきなり掲載を取りやめなくても、一旦停止をしてみることで、様子を伺うことができます。

日々の手間が楽になることを前提に運用をスタートした予約管理システムなどの利用が、逆に手間になっていることは無いでしょうか?その場合、その手間を削減するために、掲載を取りやめるという手法もあるかと思います。

自身の美容室の現状を的確に把握し、最善策を取れるようにしましょう。

売上に貢献!美容室の集客完全ガイド

ページトップへ