【業界動向】少子化により顧客獲得の競争は激化

文部科学省によると2018年度の小学校、中学校の在学者数は過去最低を更新し、学習塾・業界の顧客となる人口は年々減少し続けているため、長期的には市場が縮小していくと予測されています。
一方で、中高一貫校の人気上昇や、小学校での外国語活動必修化といった教育ニーズの変化により未だ塾業界の売り上げは緩やかながらも伸長しています。
その背景には、大手学習塾の実力がある講師による映像授業の人気や、生徒一人ひとりのニーズに応える個別指導塾が人気を集めていることが挙げられます。

このような状況の中、大手学習塾のように大々的な広告を打ち出すことが出来ず、継続的に新規生徒を獲得することが難しい中小の学習塾では、集客に苦戦を強いられることも多いのではないでしょうか。
ただ、集客というものをきちんと理解して戦略を立て、それをきちんと実践していけば、生き残る道はあるものです。
今回は、集客に苦戦している学習塾の原因と対策について解説したいと思います。

問い合わせが来ない…その原因と対策は?

集客で悩んでいる塾の多くが、体験入学や見学以前に「問い合わせそのものがこない」ということでしょう。
その理由として、

  • エリア集客ができていない
  • ターゲットが絞り込めていない
  • アナログな集客方法に頼りきっている

といった原因が挙げられます。どんなに充実した学習内容・指導方針を展開していても、その情報が自社の求めているターゲットへ届かなければ意味がありません。
全国で展開している大手の学習塾であればそのブランド力や知名度によって集客を行うことができますが、地域密着型の個人経営の塾や、中小規模の学習塾の場合には、限られた予算の中で高い費用対効果を見込める方法を実施する必要があります。
また、競合塾も数多く存在する中で、自社の情報を目にしたユーザーに体験に行かせたい、見学に行きたい、といった行動を促すような魅力的なコンテンツでなければ問い合わせには繋がらないでしょう。
これらを踏まえて、今後効果的な集客を行うためにはどうすればよいか考えていきましょう。

塾の集客は「エリア集客」が鍵!

商圏が狭く、地域に向けた集客が肝となる学習塾において、特定のエリアに注力した集客は必要不可欠です。
実際に、「入塾を決めたきっかけ」に関するアンケートでは、学習内容・実績に並び「通いやすさ」を重視していることが分かっています。


自社の塾が位置する地域に存在するターゲットにしっかりとその存在をアピールできるように対策を行いましょう。
アナログ集客の場合は、チラシを投函するエリアの小・中学校のまわりなど、顧客と世帯の周辺に厳選するなどの工夫が必要です。
Web集客の場合は自社が位置する地域名をキーワードとしたSEO対策やMEO対策が効果的です。

ターゲットの絞り込み

より多くの集客を得ようとするあまり、自社の情報を「誰に」一番届けたいのか曖昧になっていませんか?
一言に「学習塾を探している人」といっても、さらにその中で様々なニーズに分類することができます。

  • 中学(中高一貫校)合格を目標とした、小学校高学年の親
  • 学校の勉強の補修・サポートを求めている小学生の親
  • ハイレベルな高校合格を目標とした、中学生の親
  • 英語教育に興味のある中学生の親

上記のうち、どのユーザーを狙うかによって、発信するべき情報は大幅に変わってくるはずですが、ニーズの違う全員に共感をしてもらおうと、中途半端に情報を盛り込むことで、結果的に誰にも刺さらない情報になってしまいます。
設定したターゲットが求めているものを徹底的に追求し、提供することで
ある年齢、ある分野ではこの塾が一番!という状態を作り出すことが大切です。

アナログ集客からweb集客へ

ここからは具体的な塾の集客方法について説明します。
上記のグラフからもわかるように、かつてはチラシや看板などのアナログ集客が主流でしたがインターネットの普及により、昨今ではweb集客が注目を集めています。
それぞれの方法で、どのようなアプローチができるのか詳しく見ていきましょう。

口コミ・紹介

学習塾において、「口コミ」や「紹介」は重要な集客ツールとなります。
特に地域密着型に経営している学習塾の場合は、「あの塾に通って成績があがった」「分かりやすくて楽しい授業が受けれる」など知り合いからの評価が大きな影響となります。
ただし、口コミで集客を得る場合には、口コミを広める生徒と保護者が必要です。

チラシ(新聞折込・ポスティング)

塾の集客の方法として主流であるチラシ。
商圏が狭く、地域密着のビジネスである学習塾とチラシの相性は良いといえます。
また、近年では無料のデザイン・テンプレートなどがネット上に多く共有されているので、手で配る場合やポスティングであれば、ほぼ費用をかけず出来る集客方法となっています。
しかし、大量のチラシを配らなければ問い合わせには繋がる可能性は低いほか、インターネットの普及によって、紙媒体のチラシは目を通さない人も増加しているのでせっかく配布をしても読まれずに終わってしまうというデメリットもあります。

看板

看板は固定して置いておくことができるため、時間経過と共に知名度が上がっていくほか、教室の具体的な位置を知らせることができます。
しかし、スマートフォンやインターネットの普及によって与えられる情報の価値が下がっているので看板一つで多くの集客を得ることは難しいでしょう。

Web集客(オンライン集客)

Web集客とは?


ホームページやブログを作成し、SEO対策をして上位表示させることで、より多くの流入を狙うweb集客では、アナログ広告よりも、より高い費用対効果が見込める方法といえます。
ターゲットが検索しそうなキーワードで検索された際に、
検索結果の上位に表示されるように、特殊な技術(SEO)を用いることで、ホームページや詳細ページを読んでもらうことができます。
Webを活用した各施策がどのような方法であるか、またどのような効果が期待できるかを考えていきましょう。

SEO対策とは

検索エンジン(Google)独自のアルゴリズムによってwebサイトはランキング付けされています。
キーワードごとの検索結果画面で、自身のWebサイトや情報サイトを上位表示し、より多く露出させるための対策のことをSEO対策と呼びます。

Webを活用したエリア集客方法

web集客では、Googleマイビジネスへの登録や、広告枠への出向、想定される検索キーワードに合わせて対策を行うことで、そのエリア(地域)で塾を探しているユーザーの流入を高い確度で狙うことが出来ます。

Googleマイビジネスに登録し、Googleマップに表示

Googleマイビジネスに自社の情報の登録をすることで、基本情報となる住所・営業時間・電話番号・ホームページへのリンク・建物の外観や内観写真などが掲載され、Googleマップには所在地が表示されるようになります。
これにより「地名+業態(例:新宿+塾)」などのキーワードで検索された場合に、検索結果画面に現れるGoogleマップと、その登録一覧に表示され、ユーザーの目に留まりやすくすることができます。

リスティング広告枠

リスティング広告とは検索キーワードに応じてお金を払うことで、検索結果の上位に表示できる広告です。
キーワードごとの入札単価や広告自体の品質や整合性によって単価が決定します。
例えば、「新宿 塾」と検索した場合に、このキーワードに広告を出稿している場合は下記のように検索結果上位に表示されます。

通常、サイト公開してから検索結果に上位表示させるまでは一定の期間が必要となりますが、リスティング広告を活用することで、短期間で確実にユーザーの目に留まりやすくすることができます。

情報発信の場として活用できるwebサイトは?

SEO対策を行うにしろ、まずは自社の情報発信の場となるWebサイトの制作が必要となります。
検索結果でユーザーが着目するのは以下のようなサイトが一般的と言えます。

塾の公式ホームページ

学習塾に関する情報発信で重要な役割を果たすのが公式のホームページです。
インターネットでの情報収集が主流となった今では、ホームページに掲載されている情報をもとに比較・検討するケースも多くなっています。
ホームページには、受講コースなどの塾の特徴や校舎の情報、実績など、ユーザーが塾を検討する際に必要となる項目を掲載し、ページ内に問い合わせフォームを設置することも効果的です。

ポータルサイト

学習塾の集客方法のひとつに「塾専門のポータルサイトへの登録」があります
ポータルサイトは一つのサイト内で、複数社のサービスの内容や価格の検索・比較が可能なため、ユーザーの利用率が高く、自社の情報を掲載すればより多くの人の目に留まる可能性が高まります。

塾ナビ

様々なジャンルのポータルサイトがある中で、学習塾に関するポータルサイトでは、「塾ナビ」が代表的といえます。全国の小・中・高校生の塾や予備校の情報を掲載し、目的にあった塾を検索・比較できるほか、地域を絞っての検索や、口コミ、ランキングなども見ることができます。利用しているユーザーは学習塾を調べている人に絞りこまれるため、自社の情報が目に留まれば問い合わせが発生する可能性も高まります。
しかし、こうしたポートルサイトには、大手を含む競合の学習塾も数多く掲載され競争率も高いため「認知」を促すことはできてもそこから集客を得ることは難しいほか、
基本的には有料+オプションで広告訴求を行うことができる媒体なので、ある程度の資金が必要となります。

情報サイト

情報サイトとは、公式ホームページなどの自社名義のメディアとは対照に、第三者としての情報発信をすることでユーザーに「客観的な情報」を提供することができるサイトです。
自社の強みとなる項目を競合の塾と比較したり、各塾の詳細を掲載するなど、客観的な情報の中に自社の強みを表します。
特に学習塾の場合は、特定地域に向けたアプローチが重要な集客軸となるので「エリア名+塾」と検索するユーザーに向け、地域に特化した塾比較をする情報サイトがおススメです。
その地域に存在する学習塾を特定の条件で選出し、その中でおすすめの学習塾を根拠のある基準のもと、紹介します。
あくまでも第三者としての視点を保ちながら自然に自社の強みや特徴をアピールすることで、より情報の説得性が高まり、ユーザーの行動を促すことができるでしょう。

ポータルサイトとの違いは?

「塾ナビ」のような全国の塾情報掲載している大手のポータルサイトの場合、競合の情報に自社の情報が埋もれてしまうとデメリットがあります。
情報サイトの場合は、「○○駅おすすめの学習塾3選」などといった地域に特化した情報を、その地域で塾を探しているユーザーだけに向けて発信することができるので
より、見込みの高いユーザーに絞ってアプローチすることや、限られた競合他社のなかで、自社の優位性を際立たせて魅せることができます。

地域集客に特化したWeb集客の導入なら

Web集客を取り入れることで、アナログ集客だけでは囲うことのできなかったユーザーに対してアプローチすることができます。
さらに塾を探しているユーザーは地域にある複数の学習塾の情報を比較しながら、どの塾に問い合わせをするか検討しています。
そのような状況のユーザーに対して、自然に自社の強みや特徴をアピールすることで、より情報の説得性が高まり、ユーザーの行動を促すことができるでしょう。
全研本社株式会社バリューイノベーション事業部では、これまでに約6,000サイトものを製作し、あらゆる業界のWEB集客をサポートして参りました。

地域性に特化したWebマーケティング戦略にご興味のある方は、是非一度、ご相談ください。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

全研本社 マーケティングチームへのご相談はこちら

学習塾に関連する記事一覧